足のしびれの原因について考える

足のしびれは、正座の姿勢を長く続けていれば、誰でも足はしびれます。

しかし正座の姿勢をしていないのに、足がしびれる事があります。

足のしびれがなぜ起きるかというと、足の血のめぐりが悪くなるからです。

正座をすると、足が圧迫され、血行が悪くなります。

その為しびれてしまうのですが、糖尿病、または糖尿病予備軍になると、正座をしなくても、足や手がしびれる事があります。

このような症状が出たら、すぐに病院に行った方が良いでしょう。

ビンボーゆすりという、無意識に足を動かす事があります。

名前の聞こえは良くないですが、これは、足の血のめぐりが良くない為、足に血液を循環する為に、無意識に行うものです。

その為、ビンボーゆすりをしている人に対して、ビンボーゆすりをするなと、注意するのは大きな間違いです。

自分でビンボーゆすりをしていると分かったとしても、わざわざやめる必要はありません。

足だけに限らず、体を動かして、血液が体全体を循環してくれないと、体は正常に機能してくれません。

足は第二の心臓と呼ばれますが、足にあらゆるツボがあり、押して痛かった場合、体のどの部分が悪いか分かると言います。

心臓から血液が体の隅々に行きわたり、また心臓に戻っていきます。

体のはじっこは、当然足の部分になります。

足のしびれを防ぐ為には、血液を足の先まできれいに循環させればよいのです。

◆参考サイト》足の痛み・しびれを治したい